Google
NY着物暮らし: 訪問着

Wednesday, October 15, 2008

訪問着

ここ数日間の間に、とても素敵な訪問着を見せていただいています。
うわぁ~、これ素敵ぃ~。こんなのいいなぁ~。お~っ!しぶいぃぃ~~っ。センスいいよね。

などなど、声に出したり、つぶやいたり。

私は柔らかものが似合うタイプではないのですが、(どちらかと言うと木綿、紬系)これだけ見せていただくといいなぁ~~っ、と一人つぶやいたりしています。
どこかに落ちてないかなぁ~。(オイオイ(ーー;))


そういえば……
数年前日本に帰った時、友人のお母様の着物を見せてもらいました。日舞をやってらっしゃるとても着物好きなお洒落なお母様でした。
お母様の形見の着物を広げながら、たたむことも出来ない友人は(私がたたむ係りね。)「ねぇ~、これも持って行けば。」と言ったのですが、これ持っていったら、それこそ私は山賊でしょぉ~??と、首を横にブンブンと振りました。

だってね、「ブルーグレーの大島の訪問着」と「ワインレッドのスワトー刺繍の訪問着」でした。今でも色や柄ははっきりと覚えています。もしかしてあのままでカビが増殖しているのだったら、貰っておくべきだったか~~??

A原さんっ!!
今すぐ洗い張りに出してくださ~~いっ!!
でっ!自分で着なさい!!
聞こえた?

4 Comments:

Anonymous jimoty said...

わたしが洗ったげるから急いで航空便で送って頂戴!
はダメでしょうか(笑)
着れなかったらタンスの肥やし。。
じゃんじゃん着てあげるのがお母様への
供養だと思います。
もし海外郵送がおっくうなら、ゆうパックで
わたしの家にでも(^^;

以前叔母から大島をあげると言うので、見に行きました。
古いタンスから出てきた大島は、カビだらけで小さいサイズ。
叔母は目が悪いので「シミなんかないわよっきれいじゃないっ!」
もらって大急ぎで洗い張りに出しましたが
小さいので羽織に仕立て直そうか考え中です。
せめて防カビ剤でも入れてくれてたなら・・・。
日本全国津々浦々の古いタンスには
めったにお目にかからない訪問着や小紋が
シミカビの脅威に晒されてるんでしょうね。

October 17, 2008 5:56 AM  
Blogger Minako said...

そうですよねぇ~。
着物救済のためには、私があの場で洗い張りに出すように
手続きをすればよかったのかもしれません。
遠慮があだになったかな?
本当にいい着物でしたよ。

そうです、仕立て上げたままで着ていない着物がどれだけあることやら。
かわいそうに。
私達がいつか着てあげましょうねっ!(^_^;)


大島だったら軽いので目立つところにしみが出ないのでしたら、
コートもいいかもですね~。かっこいいだろうなぁ~。
塵除け、防寒にもいいし…
と人の着物で妄想にふける…

October 17, 2008 1:53 PM  
Anonymous jimoty said...

ですよね~。
着て貰えない着物ほど可哀想なものはありません。
洋服と違って少々太ったって痩せたって、工夫次第でちゃんと着れるものですから勇気を持って着て下さい、と。
大島のコートはずいぶん前ですが、京都駅で
着てる人を見ました。
昔風の柄だったので、お母さんかどなたかの
着物を仕立て直されたのかな、と思ってみてましたが
そりゃぁきれいなコートでした。

雨ゴートは無理かも・・・
防寒コートはどうだろう・・・
きれいなところで帯・・・
残りはバッグに・・・
色々考えてますが、考えすぎて肥やしにならないうちに
カクマさんに相談ですよね(^^)

October 22, 2008 11:55 PM  
Blogger Minako said...

やっぱりぃ~。
大島のコートはいいでしょうねぇ~。

大島の端切れをいただきました。
どう見ても、着尺でコートを作ったようなあまり方。
あっち側はどなたかにちゃんと着ていただいてるのかなぁ~
と気がかりです。(^_^;)

そうそう、考えすぎて肥やしにならないように!
大島のBAGも素敵そうですね。
いいかもぉ~~。

October 23, 2008 9:43 AM  

Post a Comment

<< Home