Google
NY着物暮らし: イサムノグチ美術館

Tuesday, October 10, 2006

イサムノグチ美術館

前々から行きたいと思っていたイサムノグチ美術館。でも場所がQueens地区にあり、行くのになんとなく面倒そうなので延び延びになってました。
それで秋の「着物DEお出かけ」のお出かけ先となりました~。


この日はちょうどラッキーなことに入場料が半額!!そして毎月の第二日曜日は日本語のツアーがあるというなんと運の良い私達。お天気もいいし最高でした。
QueensのPS1の近くにあったのは、ここが改装中のときTemporaryに展示していたそうです。そうだったんだ~。なるほど。

白黒で撮ってみました。右側においている石がどうしても漬物石に見えてならないのは私だけ??漬物石がずっと欲しいと思っているからかしら。(^_^;)


4 Comments:

Anonymous 夏海 said...

着物友達とのお出かけ、行ってきたのねぇ~~!
今回は写真が大きくならないので、ちょっと残念。
漬け物石がよく分からなかった(爆)

最近NYの女性検察官の小説読んでるの。
で主人公がバレエが好きで、ABTのことなんかも
出てきて、この間読んだ巻には「フリオ・ボッカ」
の名前が出てきて思わずおぉ!!と思ってしまったr(-_^)~エヘッ
色々NYの街のことが書いてあるので、
どのあたりかなぁ?なんて思いながら楽しんでます。(^。=)

October 11, 2006 10:56 PM  
Blogger Minako said...

右側ではなくて、二人の先のほうでした。(^_^;)
丸いのがあるの見えます?

その小説、タイトルはなんでしょうか?
私も読んでみたいなぁ。検察官どれくらいの割合で
ABT見に行ってるんでしょ?(^_^;)

そう、フリオボッカはあの時見ました、あの方です。

そう言えばNYに来る前に読んだ小説で出てくるレストランに
どうしても行きたくて探したのですが見つけれませんでした。
しばらくして友人と立ち寄った所がそうだったので、
か~~なり感激したのを覚えてます。
20数年前の話ですが。

何の小説だったかしら。

October 12, 2006 1:34 AM  
Anonymous 夏海 said...

Linda Fairsteinという作家のシリーズものなんだけど、
フリオボッカが出てきたのは3巻目
「Cold Hit」というのです。
主人公アレックス・クーパーもバレエを習ってて
バレエの話は結構出てくるかな?
ABTの話はそんなにたくさんは出てこないけどねf^_^;
レストランなんかは結構出てくるわぁ。
今の4巻目は2004年に出たものなので、
そっちじゃもっと前かな?
2004年の1月に6巻目がそちらでは発売されたそうですから。
本じゃないけど、CSI・NY編が早くみたいなぁって思ってます。

October 12, 2006 8:23 AM  
Blogger Minako said...

おぉ~、早速のお返事ありがとうございます。m(__)m

こちらでも人気なんでしょうね。
ちょっと探してみます。
最近そういえば小説ってあまり読んでなかった。
はまると最後まで一気に読みたいので、
寝れなくなったら大変だし。(^_^;)

ありがとうございます!!
今から本屋さんに行ってこよっ。

October 12, 2006 12:50 PM  

Post a Comment

<< Home