Google
NY着物暮らし: 法界坊

Tuesday, July 17, 2007

法界坊

行ってきました。「法界坊」いやぁ~、面白かった~っ。
こんなに笑っていいものかしら?と思ったくらい。
普通のお芝居感覚で見てしまいました。真面目にキッチリと座って見ないといけないのかしら?と思ってたのですが、いや~っ笑った笑った。
ドリフかい?とツッコミ入れたくなったくらい。

しかも勘三郎さん英語凄く達者!!多分かなり発音の練習されたんでしょうね。もちろん外人さんが話すようなperfect Englishではありませんが(すみません生意気言って)、でもそれくらいは日本ツウの方々はアンダースタンド出来るって感じです。
お約束?の客いじりも英語で。
なるほど~、ほんの少しのせりふを英語でやるだけかと思っていましたが、やるなぁ。

でもなかなかのアクシデントが。
幕が引かれて、会場が明るくなったのでIntermissionだと思いかなりの人が席を立ったのですが、(私も、一杯ひっかけにいくか?とのびをしてると)違ってました。(^_^;)
あの幕は緞帳と一緒じゃないのか?あっ、でも緞帳下ろしてもIntermissionじゃない時もあるか。

えっ?休憩じゃないの?そうしている間に、花道から人影が。いやぁ~、気が短いNew Yorkerは席を離れたじゃないのよ~。大変失礼いたしました。
法界坊見た人は、ちゃんと周りの方々に言ってあげてよぉ~。

本当の休憩に入ったら、皆さん分からずえっ?出てもいいの??向こうの方で「Yes!!Intermission!!!」とおじさんが叫んで笑いが起こってました。

せりふあり、踊りあり、音楽あり主役が歌わないけど、ミュージカル仕立てですよね。って言うかこちらの方が元祖か?

ライオンキングは文楽にヒントを得て、「ジャングル大帝レオ」のパクリ?ですからね~。

今日のイデタチ
頂き物の紗の訪問着。帯も草履も頂き物。日傘は母から。(たまには自分で買えって?いえいえ、めっそうもない。)

おほほっ、ツッコミありがとうございます。
袖丈長いです。はい、すみません。
言い訳をさせてもらうと~~っ。

この着物を月曜日に友人に着せようと思っていたのですが、友人も忙しくこちらでも会うべき人が沢山いて、タイムアウト!時差で疲れ果ててる上に、着物着て地下鉄で倒れられても…ってことで断念。
着物がよく似合う、しかも能などの古典芸能もたしなむ可愛い友人なので袖をそのままにしておきました。

そしてこれもう襟芯にしみが出てます。来年の夏に誰かに着せることも不可能になるかもと、今のうちこのシーズンにとにかく着ておかないとね~。

言い訳になってないかぁ~??(^_^;)

頂き物っていいですね~。もしも自分が買うとしたらこの色は選ばないでしょうから。でもこれ結構時代がたった着物ですよね。今こんな色目の訪問着って少ないような気がするんですが。 凄い派手!と思っていたのですが、袖丈直せばまだ着れる?
襦袢にするにはもったいないかぁ?
この帯重宝しております。ありがとうございます~。

法界坊が着ていたつぎはぎだらけの襦袢。これに日本のエコロジー精神を見ましたわ~。上前には「奉納」って字が!手ぬぐい?のぼりばた?どこから持ってきた??
姫の赤い打ちかけも綺麗で良かったですが、昔はそうやってやりくりしたんでしょうね。そうしなければならない人はね。

私もいい加減に襦袢作らないと着るものがないっ。

2 Comments:

Anonymous jimoty said...

きれいな着物ではありませんか!
じゅばんはもったいないですよ~。
お芝居に華やかな着物は素敵ですね。
ぜひ洗い張りして袖の長さもそのままで。
「法界坊」は大阪でやったときも大評判だったようで
ワイヤーアクションもあって、お客さんをしっかりいじってたそうです(笑)
そちらではワイヤーはありました?

July 20, 2007 10:47 PM  
Blogger Minako said...

お久しぶりです~。

訪問着を着る機会はそうありませんから、
勇気を出して着て行きました。(^_^;)
出してよかった。
しみを発見して決心がつきました。

袖の長さは襦袢が面倒なので、全部同じ長さに
揃えたいと思っているのです。
長いこと寝かせるのももったいないでしょ。

確か死んだ姫はつるされてたような。
しかしそれがあまり分かりませんでした。

どちらかのサイトで読んだ感想で
お人形さんだと思ってたら人間だった!
って演出はこちらではしなかったような。
結構楽しみにしていたんですが。

法界坊の初日はやはり梨園の奥方の着物姿が
とても素敵でした。
素敵な着物の方も多く、前の方に座っていた方の
髪型とかんざしがとても綺麗で
見とれてました。

こんなに綺麗におしゃれしてたら、演じている人も
きっと嬉しいだろうなぁ~。

July 20, 2007 11:43 PM  

Post a Comment

<< Home