Google
NY着物暮らし: スポットライトセミナー

Tuesday, June 17, 2008

スポットライトセミナー

なにやら怪しいセミナーではなくて、ABT主催セミナーです。プリンシパルのダンサーがお話してくれます。今年は大サービスで2回もありました。

一回目はNINA ANANIASHVILI
まず登場でプロファイルの写真とかなり違うので、ちょっとワタクシうろたえました。ごめんなさい。
今は自国The State Ballet of GeorgiaでArtistic Director をやっていること、娘が出来たこと。バレエ団のこと、振り付けのこと、色んなお話をしてくれました。しかもとっても面白い。やはりこの人は人をひき付けて引っ張っていく力があるのですね~。

ABTにきたきっかけはMACKENZIEさんがわざわざロンドンまで来て「うちお金ないけど、ABTで踊ってくれない?」だったそうです。爆笑。うん、言いそうです。
まだまだ面白いお話いっぱいしてくれました。
あらまっ!今ABT NEWSを見たら今年限りで引退。だからやっぱり体をもう一度作り上げたのですね。えらいです。
ジゼルの二幕、あれは体力勝負ですからね~、頑張ってくださいませ。えっ?どうしよう?行くかなぁ~。

先週の土曜日はMARCELO GOMES うっひゃぁ~!!
このセミナー以前はゲストが誰かをお知らせしてくれてたと思うのですが、最近は全然。
行ってからのお楽しみ~になってました。お誘いしたS女史残念でした、またこの次の機会にねっ。

そしてっ!!
MARCELO のお話を聞いていたら、やっぱり私のバレエの見方に間違いはなかったのねぇ~と安心しました。
やはり彼は表現者であり、バレエを通して自分なりの表現をしていきたいとおっしゃってましたわ。そうよぉ~~っ、それはしっかりと伝わっていますから。受け取っています。
ABTのスクールに入ったばかりという12歳の男の子からの質問は「演劇の稽古などとっているのですか?」そう!!私もそれを聞きたかった。
特別にとってはいないそうです。へぇ~そうなんだ。ABTで色んな先生、先輩から学んだり教えていただいたり。だそうです。
でもその学んだことをあのMETの舞台の上で表現しきるってのは、相当難しいことでしょうけど。
でもコールドの時に確かPALOMA HERRERA と白鳥踊ったよね。それも凄く良かったです。昨日のことのように覚えてますから。

それからとても感激したお言葉。怪我は自分の成長の為にいいとおっしゃいました。しっかりと自分と自分の体を見つめなおすいい機会だと。うわぁ~、こんなこと普通の人には言えないよね。

振り付けのことも。
MARCELO GOMES の振り付けをABT KIDSで見たのですが、やはりその質問もありました。おぉ~~っ!!やってちょうだい!!
振付家って今の世界に数えるだけしかいないし(NINA ANANIASHVILI のお言葉)ABTで新作作る時に必要じゃん!!(私は決めている。)
私も振付家を誰にしようと思っていたのですが(いや私に決定権ないって。)どうかお願いしますです。色んなことを勉強していかないといけないと思いますが、どうかひとつ。振付家としての修行を積んでくださいませ。よろしくお願いします。

会場満杯のおばちゃんおじちゃん(なぜか若い人はあまりいない。)達に沢山拍手をいただき、会場を後にしたMARCELO GOMES でした。もう私達の心わしづかみ~~っ。罪なお方っ。

2 Comments:

Anonymous jimoty said...

はい、私の心も鷲づかみです(^^)
いいこと言いますねー。さすがです。
怪我で苦しんだ野球選手にも聞かせてあげたいです。
ゴメスさん、
日本で首を長くして待ってますからね♪

今日はルンキナの白鳥を観てました。
猫のような思わせぶりな黒鳥を観たら
のほほん王子様が一発でまいっちゃったのが
よく分かりましたよ(笑)

June 17, 2008 12:58 PM  
Blogger Minako said...

いいこと言います。ホントそうです。
この人はバレエの神様に選ばれた人なんだろうなぁ~と
漠然と思いました。
選ばれた人だけど、人並み以上の努力をしてるようですし。
28歳。えらすぎる~。


>猫のような思わせぶりな黒鳥を観たら
>のほほん王子様が一発でまいっちゃった…
とても想像できて笑ってしまいました。
白鳥の王子様はそののほほん、ぼさーってのがいいですね。

出て来た時に「あぁ~アンタ女難の相がでてますよ~。」
ってな感じでしょうか。

いやぁ~バレエってホントにいいですね。

June 17, 2008 4:53 PM  

Post a Comment

<< Home